タイヤショップでのタイヤ費用が高くて困っていませんか?カー用品店より断然安く激安タイヤを購入できます。タイヤを激安で交換して車検費用を安く済ませる方法をまとめて紹介。

タイヤ 通販 激安ガイドブック!タイヤを格安でお探しならココでおまとめ!

タイヤの溝

タイヤの溝の見方!車検前でも心配不要、タイヤ溝ゲージって必要なのか?

更新日:








タイヤの溝が気になるときって大体タイヤがすり減っているときもしくは車検が迫っていて

残り溝が少なく車検に通るのか心配になっている時が多いでしょう!自分でタイヤの溝の見方がわかれば、

日々のタイヤ溝のチェックでいろいろな危険が回避できるので定期的に気にしたいことです。

 

タイヤの溝を見る前に注意したい事!

タイヤの残り溝が少なくなってしまうと雨の日にウェット性能が極端に低下して滑り安くなってしまいます。

残り溝がないと路面との間にある水の逃げ場がないため滑走状態になりやすくなるからですね。

グリップ力もなくなってきます。

溝がなくなってくるとそういったいろいろな危険もあるので注意しましょう。

 

残り溝は1.6mmを下回らないようにする

タイヤ溝の見方は残り溝が1.6mm以下になってしまうと車検にも受からないどころか滑り安くなり整備不良で違反にもなりますので

早めにタイヤ交換したいです。

 

直接タイヤをみても溝の深さはわからない

何も目安もなしにタイヤの溝をみても車検に大丈夫なのかわかりません。

ではどのようなタイヤの溝の見方をすればよいのでしょ?

タイヤ溝を測定するための道具、タイヤ溝ゲージを使うと溝の深さを測ることが確実にできます。

 

タイヤの溝の見方とタイヤ溝ゲージの見方!スリップサインでも溝の深さがわかる

数値の見方も簡単で溝ゲージをタイヤに合わせて目盛りを読むだけですので

誰でも溝の深さを測ることができますね。

タイヤ溝ゲージがなければ無理に買わなくても、タイヤの側面にあるスリップサインの▲のマークが表示されているので

見方はそのマークのある場所のタイヤ溝部分にスリップサインがあるのでそこからタイヤ交換時期を判断することもできます。

 

タイヤ溝ゲージとは?

タイヤ溝ゲージとはタイヤの溝を測るための道具です。

簡単に溝の深さを測ることができますね。

このタイヤ溝ゲージは数百円で買えますがスリップサインからでもタイヤ交換時期あ判断できますし、

カー用品店やディーラーで無料で測定はしてくれます。

ただし注意が必要でせっかくタイヤ溝を見てもらったからとお店で高いタイヤをそのまま買ってしまう事ですよね。

 

タイヤ溝をお店で見てもらうのはいいけどタイヤは高い

溝の測定ついでにタイヤ交換をしてしまうとお店のタイヤは高いのでポイントとしては

ディーラーやカー用品店では購入しないことがおすすめです。

例外もあってアウトレットセールやキャンペーンなどをしている場合はお店の方が安い場合もありますが普段

買いに行った場合は高いです

 

 

ネットでタイヤ通販する方が基本的には安い

ネット通販の方がオススメする理由は価格だけではありません。

それはタイヤの種類やサイズが豊富なので自分の車に合ったタイヤを見つけることができるからですね。

いろいろなタイヤピンキリまで選ぶことができます。

 

まずはインターネットでタイヤの値段を調べてから通販すれば安くタイヤ交換することができます。

タイヤの通販ショップは専門サイトなのでたくさんの豊富な在庫の中から気に入ったタイヤを選ぶこともできます。

 

気になる価格ですがサイズ別でも違ってピンキリですがお店でタイヤを購入する価格と比べてもらうとわかりますが、

半額近くに抑えられるのでお手頃な金額で安く買うことができます。

 

タイヤを激安で探している方へ私が情報をまとめましたので参考にしてください↓

2

 

 

 

 

まとめ

タイヤの残り溝をチェックすることでタイヤの交換時期が判断できる、

タイヤ溝ゲージを使わなくてもスリップサインからでも交換時期が調べることができます。

お店でタイヤの残り溝を見てもらうときは注意が必要でお店のタイヤは高いので、

ネット通販した方が安く買うことができるのでオススメです。

 

タイヤがひび割れてきたりしたのがわかったら溝があっても危ないので交換したい。




Sponsored Link




Sponsored Link




-タイヤの溝

Copyright© タイヤ 通販 激安ガイドブック!タイヤを格安でお探しならココでおまとめ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.