タイヤショップでのタイヤ費用が高くて困っていませんか?カー用品店より断然安く激安タイヤを購入できます。タイヤを激安で交換して車検費用を安く済ませる方法をまとめて紹介。

タイヤ 通販 激安ガイドブック!タイヤを格安でお探しならココでおまとめ!

タイヤの種類!中古、国産、輸入、海外いっぱい

中古タイヤデメリット!中古タイヤは大丈夫なのか?タイヤは鮮度が大事!

更新日:








タイヤ代を安く済ませるのに中古タイヤもよさそうと思う方もいると思いますが、

中古タイヤには経年劣化などデメリットがありますので、

そこについて書いていきます。

 

タイヤは鮮度が重要!

一見、残り溝が残っているから大丈夫で安いからまだ走れるとおもうのですが、

実はタイヤには製造年月日があるのはご存知でしょうか?

あまり気にしないし、知らない方も多いと思います。

 

製造年月日はタイヤが製造されてどれくらいたったのかがわかる賞味期限のようなものです。

すなわちこの鮮度がタイヤの安全性には重要です。

 

中古タイヤのデメリット

 

中古タイヤはタイヤの表面が硬いので、

乗り心地が悪くなるばかりかグリップ性能の低下や、

タイヤのヒビ割れも発生しやすいと言う事もあり、あまりお勧めできないというのが中古タイヤのデメリットとなります、

ただし短期間でたくさん距離を走る方ではきつぶせる方にはオススメできます。

 

中古タイヤでもうひ1つデメリットを上げるとひび割れなどがあると、

タイヤとホイールの組み換えをカーショップに依頼した際、

作業を断られてしまう事もあります。

 

それはゴムは年が経つにつれて劣化して硬くなり、

組み換え時に切れてしまう恐れがあるからです。

 

ですので安易に溝があるから中古でもいいかな?

という考えは少し危険ですね。

でも心配しないでください。

 

中古タイヤのデメリットをメリットに変える方法はありますよ!

 

そのメリットとは普段タイヤ交換してから4年くらい交換されない方は、

新品タイヤに交換する方がおすすめできます。

 

それは中古で販売される前に4年使用、販売されて交換してから

4年で計8年近くも経過してしまうと推測できるからです。

そのころにはひび割れなどによるバースト等、危険が出てきます。

 

ゴム質が劣化して硬くなった中古タイヤを買うより新品タイヤが安く購入できたらいいとおもいませんか?!

 

安さで新しいタイヤ購入をご検討の方は、↓ココ↓にも必要な情報を書いたので見てくださいね!

↓    ↓    ↓

2

 

 

 

中古タイヤ価格くらいの格安商品も見つかると思います。

 

 

中古タイヤを選ぶ時は製造年月日も確認した方がいいの?!

 

タイヤに詳しい方は製造年月日も確認できたらした方がよいと思いますが、

普通はあまりそこまでは知らないので、

不安な方は格安で購入できる新品タイヤの通販をお勧めします!

153dd40f7d0c578a813ab03e29851c84

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに参考までにこのタイヤには3413と数字がありますが、

これがタイヤの製造年月で、これは34週【9月くらい】で2013年に作られたタイヤと言う事です。

タイヤを見つけたらどれくらい年月が経っているのか参考にする事ができるので、

中古タイヤの購入の際は役に立ちます!

 

 

タイヤにとってゴムの柔らかさが大事になる!

 

タイヤは走行して発生した摩擦熱などで温まり、

柔らかくなって路面とのグリップがよくります。

 

だけど、タイヤを製造してから4年以上たつと温まりにくくなるそうです。

エコタイヤなどは特に雨の日にグリップしてくれるか不安なところ、、、

 

 

長い間タイヤを使用していないとゴムが石?!

 

製造後かなりの時間が経過したタイヤは、

ゴムが石のように固くなってきます。

 

そうなると温まりにくいですし、グリップ力の低下などを招き、

タイヤミゾがあるからまだ履ける!大丈夫!と考えてしまうのは危ないです。

 

あまり走行距離を走らない方はゴムが劣化して

いろいろなタイヤトラブルに巻き込まれる可能性が高くなるので、

早めにタイヤ交換したいところです。




Sponsored Link




Sponsored Link




-タイヤの種類!中古、国産、輸入、海外いっぱい

Copyright© タイヤ 通販 激安ガイドブック!タイヤを格安でお探しならココでおまとめ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.