ディーラーで車検は通ったけれどガソリンスタンドに持っていったら車検が通らなかったなんてことがあります。

特にガソリンスタンドでは整備の内容によっては売上やお店の営業利益が違ってきます。

ですので、車検をやってもらうお店によって異なってきますので今回は車検に通らないことでよくある

消耗部品の例を挙げてみます。

 

1車検に通らないタイヤの例を挙げてみました!

タイヤが磨耗していて、タイヤの残り溝があまりなく車検通るか通らないかギリギリの場合、
認可されてる工場ならタイヤも一緒に売るので、新品タイヤに交換して車検を通すという事もあります。

 

新品タイヤに交換されてしまうともちろんタイヤ代は高くなり、
お店の言われた価格のままにタイヤ交換をしてしまうことになりますので
車検にかかる費用が上がってしまうことがあるので注意が必要です。

 

1.2タイヤを安く交換するためには

安くタイヤを購入したい場合は自分でタイヤをネットで購入し、

タイヤを持ち込みついでに、車検も依頼して一緒にやってもらうのがベストですね。

 

普通にタイヤを安い価格で買うことができて、

種類がたくさんあるので選ぶことができます。

タイヤの選び方次第で、タイヤ交換工賃を入れてもお店で購入する半額位の費用でタイヤ交換が納めることができます。

 

車検で激安タイヤを探している方にも情報をまとめたので参考にして見てください↓

>>タイヤ激安通販レビュー!車検でタイヤ代を通販してどこよりも安く買う方法!

 

まとめ

お店によって車検が通らない場合はそのお店のやり方次第ですが、

整備の内容で利益が変わってきますのでその関係です。

でも私たちからしたら車検費用なんて安いほうがいいですね。

そこで車検を安く通すにはタイヤをネットで購入してお店に持ち込むことをお伝えしました。