車検をする時の流れは先に予約をすることが肝になってきます。

当日車検はご存知かと思いますが、

事前予約をしておくと大きな整備部品交換がなければその日のうちに車検が完了します。

日帰り車検とも言いますね。そのための車検の流れと必要な書類をチェックしましょう!

 

車検の流れと必要なもの!

車検に必要な書類などは、1車検証2納税証明書3自賠責保険証明書4認印

以上4点です。

街の車屋さんやディーラーに依頼する場合の流れ

まず車検が依頼可能か予約する!

↓ ↓ ↓ ↓

車検証に記載の使用者の認印と自動車税納税証明書を用意してお店に持っていきます。

↓ ↓ ↓ ↓

車検の見積もりをお願いしてきます。

↓ ↓ ↓ ↓

車の点検を実施してもらいます。

↓ ↓ ↓ ↓

車検合格!。。。。車検 不 合格ならそこで整備費用、交換部品代金がかかってきます。

↓ ↓ ↓ ↓

最後に車検の費用が決まります。

↓ ↓ ↓ ↓

車検の費用を支払います。

車検の流れは以上の流れですね。

いたって簡単です。

 

45 分で 車検ができるのご存知ですか?

ガソリンスタンドやカー用品店で同じような流れで最短45分で車検ができますが、

45分で車検ができるということはまだ新しい車で初めての車検の時や

普段から整備がバッチリの場合やその時に部品交換がない車ができる車検です。

 

時間がかからない車検は、消耗部品や交換するものがないのでその分安く車検費用が抑えられます。

反対に消耗品や交換部品が出てきてしまった場合は余分な時間も余計なお金もかかってきますね。

 

そこで特に気をつけておきたいのがタイヤなんですよね。!

 

タイヤの価格に注意して!ネットなら激安でタイヤが通販できる

カー用品店で車検をやってもらった場合、並んで置いてあるタイヤってたくさんありますよね?

意外とたくさんあるからついでに買ってしまうところですが結構高いんですよ!!

 

またインターネットでタイヤを通販すれば種類が豊富で希望通りの安いタイヤを見つけられて、

価格帯もいろいろあって国産タイヤから輸入タイヤまでお店の半額位で購入できます。

タイヤの溝がなくて45分車検や街の車屋さんで車検が通らなそうな方は必見です。

 

そういう場合は車検前に探して買っておくのが良いかもしれません。

 

車検の流れで激安タイヤ交換が必要な方はコチラに情報をまとめてみましたので参考にしてみてください↓

2

 

 

 

 

まとめ

まず車検は事前の予約が必要です。

必要な書類は1車検証2納税証明書3自賠責保険証明書4認印の4点です。

45分で車検や一日で車検ができる場合というのは大きな交換部品がない場合であって、

交換部品があった場合はさらに余計な時間と車検費用がかかってきますね。

お店に並んでいるタイヤはどれも高いので、タイヤ通販をすることで激安で買えれば、

車検費用が一段と安く抑えられるのではないのでしょうか!?