タイヤってどれくらいの溝があるの?つて疑問に思うかと思います。

残り溝が後何ミリでタイヤ交換なのか、そして

今回は溝の深さについて伝えしていきます。

新品タイヤの溝の深さは約8mm!

 

新品のタイヤ溝って約8mmなんですが、

もっとありそうな気がしますよね?

 

でも実際1mmで5000キロぐらい走れるんですよ。

 

一方スリップサイン1.6mm以下でタイヤ交換

タイヤの残り溝の深さが1.6mmを下回ると

スリップサインがが出てきます。

このくらいになると車検には通りませんし、

残り溝がないためグリップ力もなく滑りやすくなってしまいます。

 

 

ですのでスリップサインはタイヤ交換の合図ですので早めに交換ましょう。

 

タイヤの1.6mm残り溝がないとどうなのか?

1.6ミリ溝がないとスリップサインがダメですし、

雨の日にウエット性能が極端に低下します。

路面とタイヤの水が逃がすために1.6mm必要なのです。

 

もしタイヤの残り溝がないと滑走状態になりやすいためとっても

危険です

 

残り溝が少なくなったらタイヤ交換!

先ほども言いましたがスリップサインが出始めたらに早めに交換しましょう!

新品タイヤに交換すれば残り溝は気にする必要はありません

 

タイヤ交換を安くするためにはお店で交換タイヤを買うより、

ネットで購入する方が安くできるのは知っていましたか?

 

自分の車のサイス予算に合うタイヤがお店で置いて無かったら、

無理して高いタイヤを買うのはやめた方がいいですよ。

 

タイヤをネットで通販すれば車種やタイヤの大きさにもよりますが、

国内メーカーのタイヤもタイヤショップに売っている

値段より半額ぐらいに抑えることができたりしますので、

 

もしタイヤを激安通販して交換したい方はコチラに情報をまとめたので参考にしてください↓

 

>>タイヤ激安通販レビュー!車検でタイヤ代を通販してどこよりも安く買う方法!

 

まとめ

 

新品タイヤの残り溝は8ミリ!で約1mm5000km走れる。

スリップサインの残り溝は1.6mmでそれ以下になってしまうと車検に

受からないのと、滑るので早めのタイヤ交換が必要です。

タイヤはネットで通販するのが安い!