タイヤを交換する前にタイヤがどれくらいの寿命使用することが

できるのか考えますよね。

まあ乗り方によっても変わりますが、

タイヤを買う前に知っておきたいことです。

 

タイヤの寿命は何年?

一般的にタイヤの寿命は4.5年と言われています。

乗り方がよければ伸びますし、運転が荒ければもっと

短いタイヤ寿命となってしまいます。

 

この4.5年のタイヤ寿命の目安とはタイヤが劣化などでゴムがひび割れて

来たりするのとスリップサイン1.6mmとのかみ合いもあります。

スリップサイン1.6mm以下ですと車検に受かりませんし、

法律上違反となってしまうからです。

 

 

太陽光や紫外線でゴムは傷みますからタイヤは消耗品です。

 

タイヤ溝がもし1.6mm以下でしたら、

ひび割れていなくてタイヤの状態が良くても

交換しなくてはなりません。

 

乗り方によりタイヤ寿命が変わる。

 

運転が丁寧で保管も屋根の下などしっかりしていれば長持ちするでしょう、

 

しかし運転が荒く、急ハンドル、急カーブなどが多ければ、

タイヤの劣化より先に摩耗が進んでしまいスリップサインが1.6mm以下になるので、

タイヤ交換時期が早まります。

 

国産タイヤはグリップが効くが、、、

 

国産タイヤはグリップがききますが、

摩耗が速かったりします。

グリップ力の強いタイヤは摩擦が大きいのでしょう。

 

逆にヨーロッパのタイヤは長持ちしやすいそうです。

耐摩耗性にも優れています。

 

でもカー用品店ではみつからないかも、、、、

 

せっかく長持ちするタイヤを知っても

カー用品店では種類が少なくてあまり見つからないですし、

見つけても予算に合わず価格が高かったりして、

購入することができないかもしれません。

 

ヨーロッパ系の摩耗に強いタイヤを安く選びたいのでしたら、

ネットで通販することがすごくオススメな方法です。

 

自分の予算に合った欲しいタイヤを見つけて

カー用品店に持ち込むだけで済みますし、

大分安く上がってくれてコストが抑えられます。

 

管理人が激安でタイヤを探している方にどこよりもタイヤを安く通販する方法をまとめましたのでみてください↓

 

>>タイヤ激安通販レビュー!車検でタイヤ代を通販してどこよりも安く買う方法!

まとめ

 

タイヤ寿命は4.5年で運転の仕方次第や保管次第で変わってしまう。

でもスリップサインが1.6mm以下になったら交換する。

 

国産タイヤよりヨーロッパ系のタイヤは長持ちするので、

タイヤのネット通販で買いたい!