何年か前に購入した冬タイヤ【スタッドレスタイヤ】があるから安心している方も多いと思うのですが、

実は冬タイヤ【スタッドレスタイヤ】には一般的に寿命があります。

その寿命も条件によって変わってきます。

走行距離で判断する方もいれば、冬タイヤを購入した時からの経過年数で判断する方もいます。

今回はその辺の冬タイヤの寿命について紹介していきます。

 

1.冬 タイヤの寿命と走行 距離について!

以前冬タイヤの販売現場の方に聞いたのですが、

冬 タイヤの寿命を走行 距離で判断するなら国産タイヤメーカーの冬タイヤでは走行距離が10000km~15000kmでよく言われる冬タイヤの寿命【スタッドレスタイヤの品質のライン】となります。

 

1-1冬 タイヤの寿命は走行の仕方、空気圧不足で溝の減り具合が違う!

冬タイヤ【スタッドレスタイヤ】が品質ライン【プラットフォーム】まで減っていなくてもメーカー側のテストでは

4~5年がゴム劣化での冬タイヤの交換時期となります。

 

しかし、走行の仕方次第ではまったく冬タイヤの減り具合も変わってきます。

空気圧が少なければそれなりに摩耗の仕方が変わりますし、冬タイヤ【スタッドレスタイヤ】は柔らかいので、

カーブをスピードを出して曲がったりすれば外側が減ったりと運転の仕方次第でも冬タイヤの寿命は大きく

変わるり冬タイヤの溝の減り具合も変わると思います。

 

2.冬 タイヤ は保管状況により寿命が変わる!ゴムをの劣化で寿命が早くなる?

冬タイヤ【スタッドレスタイヤ】のゴムの劣化ですが、どんな場所で保管していたか?

保管状況でも大きく変わってきます。

 

2-1.冬タイヤはビニール袋に入れて保管しない方がよい。

タイヤをビニール袋に入れて保管する方もいますが、実はビニール袋にタイヤを入れてしまうと冬タイヤは密封状態になり水滴が発生しやすくなりタイヤゴムの劣化をを速めてしまいます。

ですのでビニール袋に入れての保管はしない方がよいということになります。

ではどんな風に冬タイヤ【スタッドレスタイヤ】を保管すればいいのかは次に書いてます。

 

2-2.冬 タイヤの保管を上手にするには?冬タイヤの保管方法や場所が大事!

どんな場所に冬タイヤを保管するのが良いのかというと、

以前メーカの営業の方の調査で、直射日光が当たらない日陰で涼しく温度差があまりない場所

で湿度もあまり変化しないような場所。

 

冬タイヤ【スタッドレスタイヤ】の空気を抜いてタイヤ4本を並べ。ビニールシートをかけて少し通気できる

状態が冬タイヤの上手な保管方法のようです。

 

3.冬タイヤは消耗品です。ケチると事故につながりやすくなります。

冬タイヤ【スタッドレスタイヤ】を取り扱っている店員さんにうかがったのですが、

以前お客様の冬タイヤをチェックしていたら冬タイヤの残り溝がなく危険な状態だったそうで、

冬タイヤの交換を進めたのですが、予算の関係でスタッドレスタイヤを購入せずにそのままの

冬タイヤが危険な状態でで雪道で走っていて冬タイヤのグリップが効かず、事故を起こしてしまい、

お客様が乗っていた車は廃車になって、冬 タイヤの価格以上に余計な出費をされたらしいです。

 

その方は冬タイヤ【スタッドレスタイヤ】を交換しなかったことを悩んでいました。

 

4.5万円くらいの冬タイヤを購入しなかったばかりに、余計な出費がかかり

大きな損失でしたと言っていました。

 

3-1.冬タイヤの寿命が来たら早めに交換しよう!冬タイヤは通販するのがお得です。

 

先ほどの話ではないですが、

余計な出費や事故を起こす前に新しい冬タイヤ【スタッドレスタイヤ】に交換した方が絶対にいいです。

 

でも早めに冬タイヤに交換しょう!といっても予算が、、、、少ないという方もいらっしゃいますよね。。

 

ガソリンスタンドやカー用品店などのお店においてある冬タイヤはどれも種類が少なく

選ぶほどおいてありません。

 

冬タイヤはお店で購入するより通販して購入する方が安いです。

 

3.2.冬タイヤを安く購入するには?

一番おすすめしたい方法は冬タイヤを通販して購入して、カー用品店に持ち込んで

交換してもらうことです!

 

こうすれば冬タイヤを安く買うことができ、お店で種類の少ない高いタイヤを選ぶ必要がなくなります。

 

冬タイヤの通販サイトでは冬タイヤの種類もたくさんあり、

自分の車のサイズにあったものや予算にあったものなど、

さらには国産タイヤ海外メーカーのタイヤ問わず安く購入することができます。

 

冬タイヤを安く通販したい方は当サイトで厳選した通販ショップをお勧めします↓↓。

>>タイヤ通販激安ランキング

 

まとめ

冬タイヤの交換時期は走行距離でいうなら1万km~1.5万kmです。

ただし、車の運転の仕方や癖、空気圧不足などによっても変わってきます。

 

冬タイヤの寿命は4.5年ですのでゴムが劣化したり、残り溝がなくなって滑って事故などを起こしてしまう前に

早めに交換しましょう。

 

冬タイヤの保管方法ははビニール袋に入れるのではなく、通期のある涼しい場所でビニールをかけて保管することがおすすめ。

 

冬タイヤはお店で購入するよりネットで通販する方が種類もたくさんあって、自分の予算にあった

欲しい冬タイヤが安く見つけることができると思いますのでスタッドレスタイヤに寿命が来ている方は

早めに交換することをお勧めします。!