ユーザー車検で陸運局に車を持ち込み車検を受けて検査不合格になることもありますね。

検査が受からないと再検査になりますが。。。

さて不合格になったらどうすればいいのでしょうか?

 

1.ユーザー車検で不合格の項目があった場合

検査で不合格になってしまった場合、テスター屋さんで調整できる項目ならいいですが、その場ではすぐに直せないような

修理しなければいけない部分ですとまた後日に車検に来なければならないです。

その場合はまた検査の手数料が発生してしまいます。

 

でもまた休みを取って、手数料を払ってわざわざ車検を受けに来るのって面倒ですよね?

 

2.ユーザー車検の基本!

そうならないためには、ユーザー車検当日に不良項目が少なくなるように、

事前に自分でできることは対策しておくのがベストです。

対策ができていると時間のロスも少なくなりますのでユーザー車検の基本ともいえます。

 

2-1.事前にチェックしておきたい基本的な部分

車のヘッドライトなどの灯火類電球バルブの球切れ、窓を拭くためのウォッシャー液の液量、ウォッシャー液の液量、

ホイールキャップぐらいはしっかりついているかは確認しておきたい基本的な部分です。

 

特にタイヤ溝は良くチェックしておきたい部分です。

 

3.ユーザー車検をスムーズに1日で終わらせるための方法

灯火類電球バルブの球切れ交換やウォッシャー液の補充でしたら車場でも売っていますし、

災厄近くのカー用品店で手に入れれば再検査を受ければ全然1日で終わらせることができますが、

タイヤの溝がなくて車検に通らなかったりした場合1日で車検を終わりにするにははすぐにタイヤ交換しなくてはならないので厄介です。

 

スムーズに車検を終わらせるためにもタイヤの溝がスリップサインが出ていて溝がない、ひび割れが発生しているなど、

危なそうな気配を感じたら事前に安いタイヤを準備するなどして交換をしておくとスムーズに車検を終わらせるための1番の方法です、

 

激安でタイヤ探したい方へ情報をまとめましたので参考にしてください↓

>>タイヤ激安通販レビュー!車検でタイヤ代を通販してどこよりも安く買う方法!

 

まとめ

いざユーザー車検に挑んでも車の状態が良くないとまた検査に落ちてしまい、

不合格になってしまいます。テスター屋さんでも調整の限界というものがあります。

そうなるとその日のうちに対処できずまた翌日再検査になりかねません。

そうならないために事前のライト類やタイヤなど消耗品のチェックや部品交換がありそうなら前もって調達して交換しておきましょう。

ユーザー車検を1日で終わらせるためにもスムーズに検査を行いたいので、タイヤなどの溝があるか、ひび割れてないか?など点検して

だめそうならタイヤをネットで購入して持ち込み交換してもらいベストな状態でユーザー車検を安くしましょう